親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

お金

成年後見よりも手軽に家族が財産管理できる方法は?【親の入院・介護】

投稿日:2021年1月25日 更新日:

前項では、判断力が低下した親の財産管理を「成年後見制度」を使って行う方法を紹介しました。しかし、子が親の後見人になろうと思っても、家庭裁判所が選んでくれないケースが増えています。家族による横領事件が多発したためで、たとえ子が選ばれても、特に財産の多い親の場合は不正を監視する後見監督人がつくことが多いです。士業の後見人や後見監督人がつくと、親本人の財産から月々2〜3万円くらいの報酬を支払うことになります。

また、老人ホーム入居資金のためにと、親の不動産を処分して現金化しようと検討しても、家庭裁判所が認めないケースもあります。

そんななか、最近増えてきているのが「家族信託」を活用して、親の財産を管理する方法です。

結論

「家族信託」で親の財産管理をできる

信託とは、委託者が信頼できる人(受託者)に対してお金や土地、建物などの財産を移転するものです。受託者は委託者が設定した信託目的に従って受益者のためにその財産の管理・処分などを行います。委託者と受託者が契約書を交わせば契約が成立し、家庭裁判所などでの手続きは不要です。誰かに月々の報酬を支払う必要もありません。

解説

手続き簡単、報酬も発生しないが……

親の所有する賃貸アパートを信託契約により子に名義変更した事例です。

親は自分に介護が必要になったら、「この財産の管理・処分によって、費用にあててほしい」と子に託しました。

委託者と受益者が同一人物の場合には、贈与税などの課税はありません。信託で名義を移した場合は特例があり、不動産取得税もかからないことになっています(固定資産税は名義人に課されるため、子に課税。だが、信託契約により、親が税金分を負担するように定めることも)。

ただし、手軽なものほど注意が必要。例えば、契約書の記載が「アパートの管理」だけでは売却はできません。受託者である子が、もし親より先に亡くなったら……など素人だけで考えるのは難しい面もあるので、専門家に相談し、ぬかりなく活用したほうがいいでしょう。一般社団法人家族信託普及協会のホームページでは、専門研修を受けた会員を検索することもできます。また、現金の信託なら、手数料はかかりますが信託銀行を活用するのも一案です。

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-お金
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「親の自宅」を「担保」に介護費用をまかなう?

お金

「親の自宅」を「担保」に介護費用をまかなう?【親の入院・介護】

「自宅」を活用してお金を生み出す制度があります。「家はあるが、月々の年金だけでは介護費用を…

続きを読む

医療費が高額になったときの「軽減策」は?【親の入院・介護】

お金

医療費が高額になったときの「軽減策」は?【親の入院・介護】

入院すると、その後の通院治療も含め医療費がかさみます。高齢の親の場合、複数の医療機関を受診…

続きを読む

認知症などで金銭管理ができなくなったら?【親の入院・介護】

お金

認知症などで金銭管理ができなくなったら?【親の入院・介護】

親が入院したとき、症状が重いと意思疎通が取れないケースもあります。そんなとき、当面の入院費…

続きを読む

親が「住民税非課税世帯」だと、医療費・介護費は安くなる【親の入院・介護】

お金

親のお金をスムーズに入出金する方法は?【親の入院・介護】

親本人のお金から、医療費や介護費を出そうと思っても、簡単ではありません。親と意思疎通がとれ…

続きを読む

介護の費用は、いくらかかる?【親の入院・介護】

お金

介護の費用は、いくらかかる?【親の入院・介護】

介護費用はいくらかかるのか──多くの子が知りたいことでしょう。すでに説明しているように、介…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。