親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

介護施設

特養の順番待ちの間に利用できる施設はある?【親の入院・介護】

投稿日:2021年2月4日 更新日:

特別養護老人ホーム入居までの待機期間中は、どうすればいいでしょうか?在宅が基本ですが、さまざまな事情で在宅介護が難しい場合もあります。そのため、別の施設を選ぶケースが見られます。

結論

有料ホームの一時的利用

経済的な事情が許す場合は、特養はあきらめて有料老人ホームを選ぶ人も多くなります。重度でなければサービス付き高齢者向け住宅、認知症であればグループホームも選択肢となるでしょう。

一時的にこれら有料ホームに入って、特養に空きが出たところで移動という方法をとる人もいます。入居一時金がない施設を選べば、移動のハードルは低いといえるでしょう。

また、医療依存度が高いケースでは、介護療養型医療施設(療養病床)・介護医療院に空きがないかを調べるといいでしょう。

なかには、在宅のケアマネジャーと相談し、ショートステイを最大限(連続30日)使って、30日ごと在宅に戻りつつ待機している人もいます。

解説

特別養老老人ホームの待機中はどうするか?

  • 在宅で介護する方法を、ケアマネージャーとしっかり相談する(ショートステイ、小規模多機能型の利用も要検討)
  • 老人保健施設や介護療養医療施設に空きがないか調べる
  • 認知症がある場合は、地域のグループホームに空きがないか調べる
  • サービス付き高齢者向け住宅、入居一時金不要の有料老人ホームに一時的に入居する

「老人保健施設」も選択肢に

一方、老人保健施設を特別養護老人ホームの待機に利用するケースが多いのも実情です。

老人保健施設とは、病院と自宅の中間施設で、要介護度1〜5で、入院治療を終え症状が安定しており、自宅復帰を目指す人がリハビリテーションを受ける施設です。3か月程度の限られた期間で利用する施設なので、空きが出やすいといえます。そこで、老人保健施設を転々としながら、特別養護老人ホームの空きを待つわけです。推奨されるものではありませんが、1つの方法ではあります。

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-介護施設
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

親の年金はわずかだけど、施設入居は可能?【親の入院・介護】

介護施設

親の年金はわずかだけど、施設入居は可能?【親の入院・介護】

親の年金がわずかで、年金以外の収入や蓄えがなければ、所得によって軽減制度のある介護保険の施…

続きを読む

特別養護老人ホームの費用が、突然2倍に!?【親の入院・介護】

介護施設

特別養護老人ホームの費用が、突然2倍に!?【親の入院・介護】

特別養護老人ホームでの利用者負担が軽減されるのは、利用者本人と同じ世帯に住む人全員の所得が…

続きを読む

「特別養護老人ホーム」へ入居するコツはある?【親の入院・介護】

介護施設

「特別養護老人ホーム」へ入居するコツはある?【親の入院・介護】

特別養護老人ホームの入居については、待機者が多く、容易には入れないという報道を見かけること…

続きを読む

施設の「重要事項説明書」の見方とは?【親の入院・介護】

介護施設

施設の「重要事項説明書」の見方とは?【親の入院・介護】

施設の概要や職員の配置状態、サービス内容、費用など、施設選びに欠かせない情報をまとめた詳細…

続きを読む

施設の立地について、どう考えればいい?【親の入院・介護】

介護施設

施設の立地について、どう考えればいい?【親の入院・介護】

親が元気なときに住み替えるのであれば、親の意思で「住みたい場所」にある施設を選ぶでしょう。…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。