親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

介護施設

有料老人ホームは「入居一時金」が必要?【親の入院・介護】

投稿日:2021年2月9日 更新日:

有料老人ホームの支払い方法には、「入居一時金方式」と「月額払い方式」があります。前者は、入居後の居住費を事前に支払うもので、最近は「前払い金」と呼ぶようになっています。後者は、前払いしないで家賃分を毎月支払う方法です。

次のように、入居時にその一部を初期償却、残りの金額が年数で少しずつ償却されていきます。初期償却率は20〜40%、償却期間は5〜7年くらいのところが多いです。

結論

入居一時金ゼロの有料老人ホームも増加

入居一時金は返還トラブルとなりやすいため、入居後3か月以内に解約した場合は、家賃相当分と実際のサービスにかかった費用以外の入居一時金は要返還というクーリングオフ(90日ルール)が法制化されています。こうした流れも影響し、最近は月額払いのホームが増加しつつあります(親が入居一時金を支払う施設に入居したものの馴染めそうにない場合、退去の決断は90日以内に)。

解説

倒産のリスクもある

有料老人ホームに限りませんが、介護関連事業を行っている会社にも倒産リスクがあることを理解しましょう。現在のところ、大半は在宅の訪問介護、通所介護の事業者ですが、施設にも倒産の波は押し寄せています。

有料老人ホームには、500万円を上限に入居一時金の一定額(まだ住んでいない分の家賃)が保全されるという、「一時金の保全措置」が義務づけられています。入居一時金を支払う場合は、6章13で説明する「重要事項説明書」に記載されているので、必ず確認してください。

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-介護施設
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ひどい施設があるという報道を見て不安…【親の入院・介護】

介護施設

ひどい施設があるという報道を見て不安…【親の入院・介護】

有料老人ホームを運営するには、設備や広さなど法律で基準が定められており、都道府県へ届けを行…

続きを読む

施設の「重要事項説明書」の見方とは?【親の入院・介護】

介護施設

施設の「重要事項説明書」の見方とは?【親の入院・介護】

施設の概要や職員の配置状態、サービス内容、費用など、施設選びに欠かせない情報をまとめた詳細…

続きを読む

施設の立地について、どう考えればいい?【親の入院・介護】

介護施設

施設の立地について、どう考えればいい?【親の入院・介護】

親が元気なときに住み替えるのであれば、親の意思で「住みたい場所」にある施設を選ぶでしょう。…

続きを読む

生活保護で医療・介護費が大幅軽減?【親の入院・介護】

介護施設

「施設介護」も選択肢に!どのような施設を探せばいい?【親の入院・介護】

施設への入居を考え始めると、まず、その種類の多さに困惑するかもしれません。第一に検討するの…

続きを読む

費用安めの老人ホーム「ケアハウス」とは?【親の入院・介護】

介護施設

費用安めの老人ホーム「ケアハウス」とは?【親の入院・介護】

「ケアハウス」とは、「軽費老人ホームC型」とも呼ばれる、社会福祉法に定められた福祉施設の1…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。