親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

入院

入院中は「介護保険」使えない!?【親の入院・介護】

投稿日:

何かとかさむ費用、足らないサポート、とにかく公的保障で使えるものはなんでも使い、少しでも患者本人やその家族の負担をサポートしてもらいたい。そんな中、40歳から加入している「介護保険」が入院中に使えないってホント? ではどんな時に「介護保険」は利用できるの? 申請のタイミングは? を解説します。

結論

入院中の場合は医療保険が適応されているので介護保険のサービスは利用できません。介護保険のサービスは、日常生活のサポート、いわゆる食事や入浴、排泄などのお世話をすることが中心となります。そのため、簡潔に言うと入院中の介護保険の利用は不可となります。

なので、退院後サポートが必要な場合は、あらかじめ介護保険のサービスをすぐに始められるよう準備をしておきましょう。

解説

「介護保険」とは

介護保険の被保険者は、65 歳以上の方(第1号被保険者)と、40 歳から 64 歳までの医療保険加入者(第 2号被保険者)に分けられます。 第1号被保険者は、原因を問わずに要介護認定または要支援認定を 受けたときに介護サービスを受けることができます。

保険制度について – 厚生労働省

入院中でも「介護保険」の申請はできる

入院中でも申請はできます。要介護認定を受けるには、住んでいる市区町村へ申請を行います。原則として30日以内に結果が通知されます。要支援1・2、要介護1〜5の7段階あり、その結果によってサービスを受けられます。詳しくは医師やソーシャルワーカーへ相談してみましょう。また申請についてわからないことは「地域包括支援センター」でも相談を受けてくれます。

退院前にやっておきたいこと

  • 介護保険の申請をする
  • 今後どのような在宅の暮らしを構築するのか話し合う
  • 介護保険のサービスについて調べる
  • 介護保険以外に、地域にどのようなサービスがあるか調べる
  • 入院について、まだ詳細を知らされていなかった親族に現状を報告する(遠方居住で通院や付き添いに協力できなくても情報集や他の親族への連絡などは担当できる)

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-入院
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

大部屋が満室の場合でも「差額ベッド代」は掛かるのか【親の入院・介護】

入院

大部屋が満室の場合でも「差額ベッド代」は掛かるのか【親の入院・介護】

差額ベッド代(特別療養環境室料)は、本人が個室をなどを希望した場合などに、通常の料金に加え…

続きを読む

入院中の「付き添い」や「洗濯」ってどうしてる?【親の入院・介護】

入院

入院中の「付き添い」や「洗濯」ってどうしてる?【親の入院・介護】

一昔前なら当然のように家族の「付き添い」が行われていましたが、現在はどうなのでしょうか?「…

続きを読む

病院って長居できないホント?ウソ?【親の入院・介護】

入院

病院って長居できないホント?ウソ?【親の入院・介護】

前回紹介したように、「回復期リハビリ病院」の入院期間は疾患や傷病名によって日数が決められて…

続きを読む

「脳卒中」で倒れた!入院・転院の流れ【親の入院・介護】

入院

「脳卒中」で倒れた!入院・転院の流れ【親の入院・介護】

日本人の死因の原因の第4位となっいる「脳卒中」、また「介護が必要になった原因」の第1位が「…

続きを読む

もう少し入院したい場合は【親の入院・介護】

入院

もう少し入院したい場合は【親の入院・介護】

早期の退院を勧められたものの、在宅介護の準備や、そもそも経過観察が必要なのではとか、「どう…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。