親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

離れた親のお墓参りはどうする?【墓参り代行・墓じまい】

投稿日:2021年6月17日 更新日:

解説

家から離れたお墓を引っ越す?代行を頼む?

介護中は、認知症の親の呼び寄せに慎重だった方でも、お墓の引っ越しなら構わないと考える方もいるかもしれません。お墓を引っ越す(改葬)には、石碑と遺骨をまるごと引っ越す方法や、石碑を立て、遺骨を移動し、前のお墓を処分する方法、骨の一部を分骨して納骨堂を利用する方法などがあります。あるいは、お墓はそのままにして、自分の代わりにお参りをお願いする墓参り代行サービスがあります。墓石の清掃、墓地の草むしり、お墓の様子を写真で撮ってレポートする、お花を飾るなどのサービスがあり、主に石材店や便利屋がサービスを提供しています。最近では、ふるさと納税の返礼品として、墓参り代行サービスを扱う自治体もあります。空き家管理サービス同様、親の生きている間でも、長期入院や施設入居などでお墓参りができなくなった場合にも、このサービスを利用できます。

墓じまいするという方法もある

お墓の跡継ぎがいない、管理費の負担が重い、お墓が遠くにあって、高齢で移動が大変などの理由から、お墓の管理を負担に感じ、更地にする墓じまいが増えています。改葬先として、公営墓地などにある合葬墓や、お寺や霊園などにある永代供養墓などがあります。契約時にお金を支払えば、以降の維持費がかかりませんし、お寺や霊園がお彼岸やお盆に合同供養を行ってくれます。しかしこれらは、他人の遺骨と一緒になる場合もあり、心理的に抵抗がある方もいます。さらに費用を抑えたい場合は、自分の手元に遺骨を置く手元供養や、遺骨を粉末状にして海や山などに散骨するという方法もあります。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

親の人生最終段階の話し合い【人生会議】

HOME

親の人生最終段階の話し合い【人生会議】

解説 人生会議は親の意思表示ができるうちに 認知症の祖母の子宮頸がんが見つかり、医師から余…

続きを読む

「介護と自分の生活」のまとめ【親の入院・介護】

HOME

第三章「介護と自分の生活」のまとめ【親の入院・介護】

「退院後の介護」についてまとめてみました。以下、リンク付きで記載していますので改めてご確認…

続きを読む

まだ認知症予備軍の段階かもしれない【MCIと認知症の違い】

HOME

まだ認知症予備軍の段階かもしれない【MCIと認知症の違い】

認知症と診断される前に、MCI(軽度認知障害)と呼ばれる段階があります。認知症予備軍とも言…

続きを読む

7年の間に起きた認知症介護のトラブル

HOME

7年の間に起きた認知症介護のトラブル

離れた親の認知症介護を7年も続けていると、驚くようなトラブルが次々と起こります。例えば、わ…

続きを読む

認知症になったら障害者手帳を取得すべき?【精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳】

HOME

認知症になったら障害者手帳を取得すべき?【精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳】

結論 介護保険サービスが優先される 認知症で身体に障害がない方は、精神障害者保健福祉手帳、…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。