親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

デイサービス・デイケア・ショートステイの選び方【居宅サービス】

投稿日:2021年3月29日 更新日:

結論

通所系サービスの種類

自宅などに来てもらう訪問系サービスに対して、施設などに通うサービスを通所系サービスと言い、デイサービス(利用者が施設などに通い、生活支援やレクリエーションを受ける)、デイケア(作業療法士や理学療法士による専門的なリハビリが受けられ、必要な設備が整っている)があります。これらは日帰りが基本ですが、施設や病院などに短期で宿泊し、日常生活のお世話を受けるショートステイもあります。これらはケアマネが紹介してくれますが、自力で探しても構いません。

通所系・短期入所系サービスの選び方のコツ

認知症の進行を緩やかにしたい、交流機会を増やしたい、お風呂に入って欲しい、介護者の介護疲れを解消したい、子の仕事中はデイサービスにいたほうが安心など、必ず利用目的があるはずです。目的の優先順位を決めてから、できれば親子一緒に複数箇所を見学しましょう。見学する前に、サービスや施設について知っているケアマネや、認知症カフェに参加している、利用経験のある他の介護者から情報を入手しておきましょう。通常のデイサービスとは別に、認知症対応型デイサービスもあります。利用者は1日12人以下なので人員体制が手厚く、認知症に精通するスタッフがケアに当たります。そもそも、認知症対応型が少ない地域もありますし、他のデイサービスとの違いを感じないという方もいます。認知症の親が、デイサービスの利用をいやがることもよくあるので、各施設にいる相談員などに相談してみましょう。

通所系・短期入所系サービス見学のチェックポイント

  • 施設経営者の経営理念を確認する
  • 施設の特徴は何かを聞く(リハビリに力を入れている・お風呂が自慢など)
  • 利用者の男女比、介護度、年齢層をチェックする
  • 1日体験してみて、親の話し相手がいそうかどうか
  • 施設やサービスの定員数はどうか
  • 利用している人の様子を見る
  • 施設全体の雰囲気を見る
  • 食事が充実しているかどうか

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「介護に必要なコミュニケーション力」のまとめ【親の入院・介護】

HOME

第四章「介護に必要なコミュニケーション力」のまとめ【親の入院・介護】

「介護に必要なコミュニケーション力」についてまとめてみました。以下、リンク付きで記載してい…

続きを読む

認知症の代表的な症状と家族が困ること【認知症の症状】

HOME

認知症の代表的な症状と家族が困ること【認知症の症状】

認知症の症状は、「中核症状」と「行動・心理症状(BPSD)」の組み合わせで出現します。中核…

続きを読む

離れて暮らす親を扶養にして医療費を節約する【扶養控除】

HOME

離れて暮らす親を扶養にして医療費を節約する【扶養控除】

結論 親は健康保険上・税金上の扶養にできる 離れて暮らす親を、健康保険上の扶養と税金上の扶…

続きを読む

親がお金の管理ができなくなったら【日常生活自立支援事業】

HOME

親がお金の管理ができなくなったら【日常生活自立支援事業】

結論 金銭管理は日常生活自立支援事業を利用 親による日常で使うお金の預金からの出し入れや、…

続きを読む

離れて暮らす親への罪悪感はどう解消する?【介護者の無力感】

HOME

離れて暮らす親への罪悪感はどう解消する?【介護者の無力感】

結論 離れていると何もしてあげられない罪悪感 離れて暮らす親の介護をしていると、会いに行け…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。