親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

認知症ケアパスをうまく活用しよう【認知症ケアパス・認知症初期集中支援チーム】

投稿日:2021年3月18日 更新日:

解説

認知症ケアパスが便利な理由

親の認知症が分かって包括に相談すれば、多くの問題は解決しますが、他の組織や団体が提供するサービスまで把握していなかったり、家族の困りごとが解決しなかったりすることもあります。市区町村が用意している認知症ケアパスには、認知症に関する基礎知識をはじめ、地域包括支援センターの一覧、認知症専門医がいる地域の医療機関、社会福祉協議会、高齢者サロンや有償ボランティアの情報、認知症に関する電話相談窓口、認知症カフェの開催情報など、地域にある認知症介護に役立つサービスが網羅されています。家族が認知症ケアパスを入手することで、医療・介護職も知らない、気づかないようなサービスを、自らの力で見つけることができます。認知症介護の悩みは、親の認知症の進行につれて変化していくため、認知症ケアパスを手元においておくと便利です。

医療介護に接続していない認知症の人を救うチーム

認知症初期集中支援チームとは、複数の専門職が、家族の訴え等により、認知症が疑われる人や認知症の人及びその家族を訪問し、6か月をめどに自立サポートを行うチームです。支援チームは、包括や病院内に設置されていることが多く、メンバーは認知症サポート医、医療職、介護職で構成されています。自宅に引きこもり、病院を受診しない認知症高齢者宅を訪問して、医療や介護につなげたり、医療・介護サービスを受けていたのに中断した人を、サポートしたりします。認知症ケアパスに、チームの連絡先が書いてあることもあるので、活用しましょう。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

どんなものが「医療費控除」になるのか?【医療費控除】

HOME

どんなものが「医療費控除」になるのか?【医療費控除】

結論 離れて暮らす親の医療費も控除の対象 離れて暮らす親の医療費を、子が負担することもあり…

続きを読む

親の住む地域の介護の窓口を把握する【地域包括支援センター】

HOME

親の住む地域の介護の窓口を把握する【地域包括支援センター】

解説 地域包括支援センターとは? 介護のことで不安があれば、まずは地域包括支援センター(以…

続きを読む

親自身が介護している場合、子は何をすべきか?【老老介護・認認介護】

HOME

親自身が介護している場合、子は何をすべきか?【老老介護・認認介護】

厚生労働省の「国民生活基礎調査」(平成28年度)によると、65歳以上の高齢者同士で介護を行…

続きを読む

認知症?と感じたら生活環境から探ろう【認知症の予兆認】

HOME

認知症?と感じたら生活環境から探ろう【認知症の予兆】

親が同じことを何度も言う、趣味嗜好が急に変わるなどの代表的な認知症のサインは、子の短期間の…

続きを読む

親の介護は在宅と施設、どちらがいい?【施設介護の考え方】

HOME

親の介護は在宅と施設、どちらがいい?【施設介護の考え方】

結論 どこで介護するかを決める2つのポイント 離れて暮らす親が認知症になってしまったら、施…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。