親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

認知症を予防するためには?

投稿日:2021年3月15日 更新日:

結論

「認知症予防」は認知症になるのを遅らせること

政府が取りまとめた「認知症施策推進大綱」に書いてある認知症予防には、『「予防」とは、「認知症にならない」という意味ではなく、「認知症になるのを遅らせる」「認知症になっても進行を緩やかにする」という意味である』とあります。誰もが年を取るので、認知機能の低下は避けられません。社会との接点がたくさんあって、健康的な生活を送っていた方でも、認知症を発症します。イギリスの医学誌『Lancet』によると、認知症になる要因として、喫煙、運動不足、社会的孤立などは全体の35%でしかなく、残り65%は、我々にはどうすることもできないという研究結果が出ています。運動不足や社会的孤立は、デイサービスやデイケアなど、介護保険サービスを活用することで、ある程度の改善が見込めます。

親の身体機能の低下にも注目する

加齢による親の身体機能の低下が、認知症の原因となったり、進行を早めたりする可能性もあります。まずは親の聴力をチェックしましょう。難聴によって、耳からの情報量が減少すると、周囲や社会とのコミュニケーションも減って、認知機能の低下につながります。人が得る情報の8割は視覚と言われているので、目もチェックしてください。80歳以上のほぼ100パーセントが発症する白内障を放置しておくと、目がかすみ、視力が低下して、情報が遮断され、認知機能の低下につながります。認知症の症状ばかりに注目しがちですが、親の身体機能の低下が原因になっていることもあります。

認知症予防のガイドライン(WHO)

WHOは下記項目を管理することで、認知症の発症や進行を遅らせるとしています

強く推奨

  • 正常者の運動
  • 禁煙
  • サプリメントを使わない

条件付き推奨

  • MCIの人の運動
  • 地中海式食生活
  • 接酒・禁酒
  • 脳トレ
  • 体重コントロール
  • 高血圧の管理
  • 糖尿病の管理
  • 脂質異常症の管理

十分な証拠がない

  • 社会的活動

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

7年の間に起きた認知症介護のトラブル

HOME

7年の間に起きた認知症介護のトラブル

離れた親の認知症介護を7年も続けていると、驚くようなトラブルが次々と起こります。例えば、わ…

続きを読む

町内会や民生委員など地域の目で親を見守る

HOME

町内会や民生委員など地域の目で親を見守る

結論 実家へ帰ったときに意識して回覧板を見る 離れた親を見守るために、地域の目も活用してみ…

続きを読む

離れて暮らす親への罪悪感はどう解消する?【介護者の無力感】

HOME

離れて暮らす親への罪悪感はどう解消する?【介護者の無力感】

結論 離れていると何もしてあげられない罪悪感 離れて暮らす親の介護をしていると、会いに行け…

続きを読む

要介護認定を申請する【要介護認定】

HOME

要介護認定を申請する【要介護認定】

解説 要介護認定の申請は代行してくれる 介護保険サービスを利用するための最初のステップが、…

続きを読む

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

HOME

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

結論 親が通院しないのなら在宅医療も視野に 認知症の親が、病院の受診を拒んだり、持病がある…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。