親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

愛する人を失った悲しみとどう向き合うか

投稿日:

解説

長かった認知症介護から解放された安堵感以上に、愛する親を失った悲しみや無力さなどを感じ、長期にわたって、親の喪失から抜け出せない方がいます。そういった方はぜひ、グリーフ(悲嘆)ケアを受けてみましょう。グリーフケアとは、親など愛する人を失い、精神的にも肉体的にも不安定になったとき、そっと寄り添い援助することを言います。グリーフカフェは、愛する人を亡くした経験者や、親を失った喪失感から抜け出せないでいる方が同じ場所に集い、現在抱えている悩みや苦しみを吐き出して共有し、気持ちを癒やすための場所です。公的な資格ではありませんが、グリーフケア・アドバイザーやグリーフ・カウンセラーの資格を取得した専門家もいます。有資格者が運営するカフェや、個別カウンセリングもあるので、利用してみてもいいかもしれません。親を失った直後は、寂しさ、孤独感、罪悪感、無力感などが代わる代わる襲ってきます。眠れない、食べられない、疲れが取れない、自然と涙があふれてしまうなどの身体的な症状が出ることもあります。身体的、精神的な苦痛が同時に、あるいは交互にやってきて、いつもの自分とかけ離れていきます。認知症介護は、グリーフケアが2度必要です。最初は親の認知症が進行し、記憶や能力が失われていく瞬間に立ち会ったとき、次は親の死と向き合ったときです。親が認知症になったと分かったとき、どのように向き合い、そこからどのように立ち直ったか、もう一度思い出してみましょう。

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

親の家の家電を遠隔で操作する【スマートリモコン】

HOME

親の家の家電を遠隔で操作する【スマートリモコン】

解説 エアコンを遠隔で操作して親の住環境を整える スマートリモコンは、テレビやエアコンなど…

続きを読む

貼り紙を使って親の自立を促す【貼り紙の活用】

HOME

貼り紙を使って親の自立を促す【貼り紙の活用】

解説 貼り紙は大きくはっきり書く 認知症の親に注意を促したり、電化製品の使い方を教えたりす…

続きを読む

親の地元の葬儀社を見つけておく【葬儀社探し】

HOME

親の地元の葬儀社を見つけておく【葬儀社探し】

解説 葬儀社は没後半日以内に決める人が6割 親を看取ったあと、すぐに葬儀社を決める必要があ…

続きを読む

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

HOME

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

結論 親が通院しないのなら在宅医療も視野に 認知症の親が、病院の受診を拒んだり、持病がある…

続きを読む

怪しげな訪問販売や電話勧誘を撃退する方法【インターホン・固定電話の機能】

HOME

怪しげな訪問販売や電話勧誘を撃退する方法【インターホン・固定電話の機能】

解説 訪問販売は録画機能付きインターホンで対応 認知症の方の消費者被害で特に多いのが、第4…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。