親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

もしものときの緊急サービスのいろいろ【高齢者緊急通報システム】

投稿日:2021年4月6日 更新日:

結論

高齢者緊急通報システムを知っておこう

離れて暮らす親が、病気や事故など緊急事態に陥っても、家族がすぐ駆けつけられない不安は常にあります。多くの市区町村には高齢者緊急通報システムがあり、65歳以上のひとり暮らしの高齢者、または高齢者のみの世帯に対して、自宅の電話機に接続する緊急通報装置や緊急ボタンつきペンダントなどを貸与するサービスがあります。緊急ボタンを押すと、民間の警備会社や消防署に通知がされ、電話確認後に家へ急行します。まずは、親が住む地域の役所に問い合わせて、システムの利用条件を確認してください。すでに民間の見守りサービスを利用している方は、別途費用がかかりますが、オプションで駆けつけサービスを利用してもいいでしょう。また、介護保険で提供される定期巡回・随時対応型訪問介護看護では、訪問介護・看護両方のサービスを、日中・夜間の定期巡回と、緊急時に24時間365日、ナースコールのように連絡を取ることができる随時対応が受けられます。認知症で自宅の生活に不安があったり、1日複数回の服薬や食事介助が必要だったりする場合にも有効なサービスですが、対応する事業所数が少ないのが課題です。

いくつもの目で定期的に見守る

これらのシステムは保険にはなりますが、認知症の親がいざというときに、高齢者緊急通報システムの緊急ボタンを忘れずに押せるかは、分かりません。介護保険サービスなど、人の目による定期的な見守りを軸に、見守りカメラ等で離れて暮らす親の様子を定期的にチェックするなど、日頃からいくつもの目で親を見守る工夫も必要です。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

見守りカメラを設置して親に会えない不安を解消する【見守りカメラ】

HOME

見守りカメラを設置して親に会えない不安を解消する【見守りカメラ】

結論 見守りカメラの便利な機能 離れて暮らす親の介護で、最も活躍する家電製品は見守りカメラ…

続きを読む

最期はどこで看取るのか【看取りの場所】

HOME

最期はどこで看取るのか【看取りの場所】

解説 認知症と認知症以外で違う看取りの希望場所 厚生労働省の調査によると、約6割の国民が「…

続きを読む

認知症の介護仲間や地域の情報を見つけられる場所【認知症カフェ】

HOME

認知症の介護仲間や地域の情報を見つけられる場所【認知症カフェ】

結論 認知症カフェってどんなところ? 各地域には認知症カフェと呼ばれる、認知症の人とその家…

続きを読む

離れて暮らす親を扶養にして医療費を節約する【扶養控除】

HOME

離れて暮らす親を扶養にして医療費を節約する【扶養控除】

結論 親は健康保険上・税金上の扶養にできる 離れて暮らす親を、健康保険上の扶養と税金上の扶…

続きを読む

季節別離れて暮らす親の介護の注意点【春夏秋冬の介護】

HOME

季節別離れて暮らす親の介護の注意点【春夏秋冬の介護】

結論 季節の変わり目を狙って家へ帰る なかなか親のもとへ帰れない方は、季節の変わり目を狙っ…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。