親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

亡くなったあとの手続きを効率よく進めるために【死亡後の手続き】

投稿日:2021年6月15日 更新日:

解説

葬儀の手配と役所の手続きを同時に始める

東京在住のわたしは、祖母と父の死亡後の手続きを岩手で行いました。帰京する日が決まっていたため、短期間で手続きを終わらせる必要がありました。効率よく進めるためには、葬儀の手配と役所の手続きを同時に始めないと完了しません。火葬や葬儀の手配は、火葬場やお寺の混み具合、暦の都合などにより時間がかかる場合があります。特に費用の安い公営の火葬場は、地域によっては長く待たされることもあります。役所の死亡関連の手続きは、通う窓口も提出する書類の数も多いため、うまく回らないと、何度も足を運ぶことになってしまいます。また、大切な人を失ったショックから、思うように手続きが進められないこともあります。葬儀の手配は親と話し合っておけば、時間を短縮できます。

親が亡くなったあとの手続きチェックリスト

手続きで優先順位の高いものは、期限があるものです。また、毎月の支払いが継続されるものを優先して、手続きを終わらせてください。葬祭費や未支給年金、生命保険の死亡保険金など、受け取れるお金も多いので、漏れなく受給手続きをしましょう。死亡届を提出した際に、役所の手続きリストを入手できますし、一つの窓口で、手続きを完了できる自治体もあります。リストには載っていなかった、NHKや携帯電話、空き家になった家の火災保険の手続きなどもあったため、次表にまとめました。手続きが終わったあとも、親の残した遺産を、相続人同士でどう相続するかを話し合う遺産分割協議が待っていますが、これらの手続きのように、短期間で終わらない場合もあります。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

もしものときの緊急サービスのいろいろ【高齢者緊急通報システム】

HOME

もしものときの緊急サービスのいろいろ【高齢者緊急通報システム】

結論 高齢者緊急通報システムを知っておこう 離れて暮らす親が、病気や事故など緊急事態に陥っ…

続きを読む

通常時とは違う看取り直前の介護【家族の心がまえ】

HOME

通常時とは違う看取り直前の介護【家族の心がまえ】

解説 看取り期は介護の態勢が大きく変わる 看取り期と呼ばれる時期の介護は、通常時の介護とは…

続きを読む

親自身が介護している場合、子は何をすべきか?【老老介護・認認介護】

HOME

親自身が介護している場合、子は何をすべきか?【老老介護・認認介護】

厚生労働省の「国民生活基礎調査」(平成28年度)によると、65歳以上の高齢者同士で介護を行…

続きを読む

予定を自動で親に知らせる【スマートスピーカー・スマートディスプレイ】

HOME

予定を自動で親に知らせる【スマートスピーカー・スマートディスプレイ】

解説 スマートスピーカーを使った親への声かけ スマートスピーカーとは、スピーカーに向かって…

続きを読む

ネガティブな認知症の情報につぶされないために【当事者の心情】

HOME

ネガティブな認知症の情報につぶされないために【当事者の心情】

皆さんは認知症に対して、どのようなイメージをお持ちですか?認知症になった親は何もできなくな…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。