親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

ひとり歩き(徘徊)を防止するための鍵の工夫【補助錠の活用】

投稿日:2021年5月28日 更新日:

解説

ひとり歩き対策をしても外出する親

認知症の親のひとり歩き(徘徊)は、さまよい歩くのではなく、以前住んでいた家に帰らなくてはいけない、勤めていた会社に行かなくてはならないなどの目的を持っています。ただ、時間に関係なく外出してしまうこともあるため、対策が必要です。例えば、デイサービスやデイケアなど定期的に外出する機会を作ったり、昼間の運動を増やし、夜に眠りやすくすることで、夜間の外出を減らしたりする方法があります。それでも対策が不十分な場合は、親の命にも関わることなので、万が一の保険として、家の鍵で対策する方法をご紹介します。

鍵の対策を含め、複数の対策で対応する

玄関に複数の鍵を取り付ける方法がありますが、鍵の開け閉めに時間がかかってしまうので、シンプルに現在使っている鍵自体を見直しましょう。例えば、玄関の鍵がサムターン(室内側についているつまみ)方式であれば、サムターン自体を脱着できる鍵があります。また、親の家に介護で帰っているときは、家の内側からも鍵をかけられる両面シリンダー錠もオススメです。親が玄関ではなく、勝手口や窓から外へ出る場合もあるので、防犯対策等で使われる窓用サッシの補助錠や、窓用のシリンダー錠の対策も有効です。どんなにひとり歩きの対策をしていても、親が鍵を開けて外出してしまうこともあります。親が住む地域の認知症高齢者SOS見守りネットワークの登録や、必ず携帯するかばんにGPS機器をつけるなど、対策はひとつではなく、複数の対策を組み合わせることで、より強化されます。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

まだ認知症予備軍の段階かもしれない【MCIと認知症の違い】

HOME

まだ認知症予備軍の段階かもしれない【MCIと認知症の違い】

認知症と診断される前に、MCI(軽度認知障害)と呼ばれる段階があります。認知症予備軍とも言…

続きを読む

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

HOME

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

結論 親が通院しないのなら在宅医療も視野に 認知症の親が、病院の受診を拒んだり、持病がある…

続きを読む

認知症の親を呼び寄せる?それとも故郷へUターン?【同居介護・遠距離介護】

HOME

認知症の親を呼び寄せる?それとも故郷へUターン?【同居介護・遠距離介護】

結論 呼び寄せは認知症進行のリスクもある 親の認知症が悪化したり、子が介護で通うことに疲れ…

続きを読む

町内会や民生委員など地域の目で親を見守る

HOME

町内会や民生委員など地域の目で親を見守る

結論 実家へ帰ったときに意識して回覧板を見る 離れた親を見守るために、地域の目も活用してみ…

続きを読む

亡くなった親の家をどう処分するか【空き家の管理】

HOME

亡くなった親の家をどう処分するか【空き家の管理】

解説 売却が決まっていない空き家は管理が必要 介護や葬儀が終わっても、親の残した空き家をど…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。