親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

親の家の家電を遠隔で操作する【スマートリモコン】

投稿日:

親の家の家電を遠隔で操作する【スマートリモコン】

解説

エアコンを遠隔で操作して親の住環境を整える

スマートリモコンは、テレビやエアコンなど赤外線を利用する家電のリモコンを学習し、1台に集約して操作できるリモコンのことです。スマートフォンのアプリと連動しているので、親の家の様々な家電を遠隔で操作できます。また、親がリモコン操作を誤った場合も、子のスマートフォンから遠隔操作することで、住環境を元に戻すことができます。認知症でエアコンの操作方法が分からなくなったり、そもそもエアコン嫌いで使う習慣がなかったりする親を、熱中症やヒートショックから守るために、遠隔操作でスイッチをつけることもできます。価格は、5000円前後から購入でき、次表にあるように認知症介護にも応用できます。介護保険の訪問介護等では、家電の異常や故障まで対応できません。また滞在時間が長くないため、家電の異常に気づきませんし、親もタイミングよく家電の異常を訴えられません。結果、家電のトラブルが解消するまで親は子に何度も連絡してきますし、長期で放置すれば、親の生活に支障をきたすことにもなります。

スマートリモコンを使った介護の工夫

スマートリモコンは曜日や日時によって、細かく予約設定ができます。週数回のデイサービスを利用する日時にエアコンを予約しておけば、親が帰宅する時間に合わせて部屋を適温に保つことができます。同様に、テレビの番組予約も細かく設定できます。「火曜日20時はNHK」と設定しておけば、自動的にチャンネルが切り替わります。認知症が原因で、楽しみにしていた番組を見逃すことが増えますが、リモコンのおかげで親の楽しみが奪われずに済みます。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

予定を自動で親に知らせる【スマートスピーカー・スマートディスプレイ】

HOME

予定を自動で親に知らせる【スマートスピーカー・スマートディスプレイ】

解説 スマートスピーカーを使った親への声かけ スマートスピーカーとは、スピーカーに向かって…

続きを読む

ホームヘルパーができること・できないこと【ホームヘルパー】

HOME

ホームヘルパーができること・できないこと【ホームヘルパー】

結論 ホームヘルパーの仕事を理解しておく 介護の窓口はケアマネですが、実際に親の家で介助に…

続きを読む

自分の生活環境も大切にする【介護のルーティーン化】

HOME

自分の生活環境も大切にする【介護のルーティーン化】

結論 親のもとへ帰るリズムをつくる 親を長期で支えていくためには、介護に関わる子とその家族…

続きを読む

離れて暮らす親を扶養にして医療費を節約する【扶養控除】

HOME

離れて暮らす親を扶養にして医療費を節約する【扶養控除】

結論 親は健康保険上・税金上の扶養にできる 離れて暮らす親を、健康保険上の扶養と税金上の扶…

続きを読む

認知症になったら障害者手帳を取得すべき?【精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳】

HOME

認知症になったら障害者手帳を取得すべき?【精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳】

結論 介護保険サービスが優先される 認知症で身体に障害がない方は、精神障害者保健福祉手帳、…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。