親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

見守りカメラを設置して親に会えない不安を解消する【見守りカメラ】

投稿日:2021年5月19日 更新日:

結論

見守りカメラの便利な機能

離れて暮らす親の介護で、最も活躍する家電製品は見守りカメラです。リビングなど親がよくいる部屋に設置し、親の表情や食事の様子をカメラで撮影します。その映像は、スマートフォン(スマホ)やパソコンを使って、自分の好きな場所、タイミングで何度でも確認できますし、録画機能付きの機種ならば、記録された映像をあとで見ることもできます。他にも、スマホに向かって話しかけると、見守りカメラから声が出て、親に声かけができる機種や、親が家を出るなどカメラの映像に動きがあったときに、スマホに通知がくる動体検知機能つきの機種、カメラが首を振って部屋全体を映し出す機種、夜間など暗闇でも親の様子が分かる機種などがあります。見守りカメラを親の家に1台設置すれば、各家族のスマホで親の様子を見ることができるので、きょうだいや親戚など、みんなで親の見守りが可能になります。また、親が利用する複数の部屋に見守りカメラを設置すれば、より安心で不安も解消されます。カメラは6000円前後から購入できますが、それよりも安価な海外製の見守りカメラは、セキュリティに問題がある場合もあるので、注意が必要です。

見守りカメラ以外で親を見守る方法

親がカメラの電源を抜いてしまう、親を監視しているようでいやだという方もいます。電源はコンセントの設置場所の工夫や、ケーブルをカバーで覆うと防止できる場合もあります。どうしても親が見守りカメラをいやがる場合は、次表にあるスマート電池やスマート照明を使う方法もあります。映像では確認できませんが、親の動きを感知できます。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

離れて暮らす親を扶養にして医療費を節約する【扶養控除】

HOME

離れて暮らす親を扶養にして医療費を節約する【扶養控除】

結論 親は健康保険上・税金上の扶養にできる 離れて暮らす親を、健康保険上の扶養と税金上の扶…

続きを読む

愛する人を失った悲しみとどう向き合うか

HOME

愛する人を失った悲しみとどう向き合うか

解説 長かった認知症介護から解放された安堵感以上に、愛する親を失った悲しみや無力さなどを感…

続きを読む

まだ認知症予備軍の段階かもしれない【MCIと認知症の違い】

HOME

まだ認知症予備軍の段階かもしれない【MCIと認知症の違い】

認知症と診断される前に、MCI(軽度認知障害)と呼ばれる段階があります。認知症予備軍とも言…

続きを読む

要介護認定の結果に不満があった場合は【審査請求・区分変更】

HOME

要介護認定の結果に不満があった場合は【審査請求・区分変更】

結論 要介護認定の判定結果の不服は区分変更で 初めての要介護認定では、判定結果が不服かどう…

続きを読む

「介護と自分の生活」のまとめ【親の入院・介護】

HOME

第三章「介護と自分の生活」のまとめ【親の入院・介護】

「退院後の介護」についてまとめてみました。以下、リンク付きで記載していますので改めてご確認…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。