親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

季節別離れて暮らす親の介護の注意点【春夏秋冬の介護】

投稿日:2021年4月15日 更新日:

結論

季節の変わり目を狙って家へ帰る

なかなか親のもとへ帰れない方は、季節の変わり目を狙って帰りましょう。認知症が進行すると、季節感がなくなることもあるので、季節が変わる前にエアコンの掃除や暖房器具の準備をしましょう。季節の変わり目は、気温の変化に対応できずに、風邪をひきやすくなります。免疫力が低下している高齢の親は、風邪から肺炎などの合併症を引き起こしたり、重症化から要介護度が上がったりするので、注意が必要です。また、親のもとへ通う子も、寒暖差にやられて体調を崩しがちです。日頃から親が暮らす地域の気温や湿度の変化をチェックしましょう。

注意したい季節別の認知症介護

気温や日照量の変化によって、BPSDにも変化が生じます。自分の親が季節によって、どのような症状が出やすいかを把握しておきましょう。介護の準備で特に大切なことは、衣替えです。高齢者は体温調節能力が落ちていますし、認知症で季節が分からなくなることもあります。真夏に厚手の服を着て熱中症になったり、冬に薄手の服を着て風邪をひいたりすることのないよう、季節に合った着慣れた服を用意し、季節外れの服は、目につかない場所に片づけるようにしましょう。また、冬のインフルエンザ対策が必要になるのは、介護施設や病院、デイサービスなど外出先だけではありません。訪問医療・介護職の方が感染源になることもありえるので、早めに親に予防接種を受けさせ、加湿器の準備をしましょう。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

突然の電話から入院のまとめ【親の入院・介護】

HOME

第一章「突然の電話から入院まで」【親の入院・介護】

「突然の電話」から「入院」までについてまとめてみました。以下、リンク付きで記載していますの…

続きを読む

いざというときに頼れる人をリストアップしよう【連絡網の作成】

HOME

いざというときに頼れる人をリストアップしよう【連絡網の作成】

子である自分が頼れる人をリストアップ 65歳以上の親と子の居住地がどれくらい離れているかを…

続きを読む

介護保険だけじゃない!民間見守りサービスのいろいろ【見守りサービス】

HOME

介護保険だけじゃない!民間見守りサービスのいろいろ【見守りサービス】

結論 安否確認レベルなら民間見守りサービスは有効 民間の見守りサービスやボランティアを活用…

続きを読む

要介護認定の結果に不満があった場合は【審査請求・区分変更】

HOME

要介護認定の結果に不満があった場合は【審査請求・区分変更】

結論 要介護認定の判定結果の不服は区分変更で 初めての要介護認定では、判定結果が不服かどう…

続きを読む

離れて暮らす親への罪悪感はどう解消する?【介護者の無力感】

HOME

離れて暮らす親への罪悪感はどう解消する?【介護者の無力感】

結論 離れていると何もしてあげられない罪悪感 離れて暮らす親の介護をしていると、会いに行け…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。