親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

ゴミ屋敷化する前に、親の家を片づける【親家片】

投稿日:2021年4月13日 更新日:

結論

親の家を片づけるには時間もストレスもかかる

認知症の親の介護が始まると、必ず親の家を片づける(親家片)日がやってきます。例えば、親の認知症が進行して、片づけが難しくなり、家がゴミ屋敷化してしまったときや、親を子の近くに呼び寄せて、家のモノがいらなくなったとき、施設への入居が決まったとき、遺品整理のときなどに家の片づけが必要になります。親家片は、単なるモノの片づけとは違い、親の思い出と向き合う時間です。親子の思い出の品を大切に取っておいてくれた親への感謝の気持ちだけでなく、同じモノばかり購入している、不要なモノを捨てずに保管している親への怒りなど、家にある膨大な量のモノに対して、喜怒哀楽の感情がうごめいたり、認知症の進行を感じたりする作業が親家片です。遺品整理ならば、子がモノを廃棄するかしないかを自由に判断できますが、親が生きていると「もったいない」といって片づけられず、親の説得が必要になりますし、ときにはケンカにもなります。

思い出の品は大切にとっておく

家具の配置が変わったり、使い慣れたモノがなくなったりすると、認知症の親が混乱する可能性もあります。一方で、家のモノが多すぎると、整理整頓ができずに、床にモノが散らかって、転倒のリスクが高まります。親の安全を確保しつつ、生活環境を急に変え過ぎないよう、バランスを取りながら時間のあるときに少しずつ片づけてください。大切にしていた思い出の品に触れることで、親の気持ちが安定し、脳が活性化するので(回想法といいます)、廃棄せずにとっておきましょう。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自分で判断できなくなる前に親の意思を知る【エンディングノート】

HOME

自分で判断できなくなる前に親の意思を知る【エンディングノート】

結論 親と意思疎通ができるうちにノートを書く 親が元気で判断能力があるうちに、人生の最期に…

続きを読む

どんなものが「医療費控除」になるのか?【医療費控除】

HOME

どんなものが「医療費控除」になるのか?【医療費控除】

結論 離れて暮らす親の医療費も控除の対象 離れて暮らす親の医療費を、子が負担することもあり…

続きを読む

どの施設を選べばいいのか?【施設サービス】

HOME

どの施設を選べばいいのか?【施設サービス】

結論 認知症の親を受け入れる施設はどこか 親を受け入れる介護施設を決めるうえで、まずおさえ…

続きを読む

認知症の親を自然災害からどう守るか【防災対策】

HOME

認知症の親を自然災害からどう守るか【防災対策】

結論 確認しておきたいハザードマップ 台風や地震などの自然災害に、離れて暮らす親が見舞われ…

続きを読む

離れて暮らす親がひっかかる消費者被害【訪問販売・電話勧誘販売】

HOME

離れて暮らす親がひっかかる消費者被害【訪問販売・電話勧誘販売】

解説 「お金・健康・孤独」に関する犯罪に注意 高齢者は特に、「お金・健康・孤独」の3つの不…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。