親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

退院

家事と介護を助けて欲しい【親の入院・介護】

投稿日:2020年11月24日 更新日:

心身機能が低下した親が在宅で生活するとなったとき、当面の「家事」や「介護」をどうするかは、子どもにとって大きな課題です。同居の場合でも、日中仕事で出てしまえば家には親だけ。そもそも別居の場合は、ずっと親だけでの生活です。遠方に暮らしているケースでは、手伝いたい気持ちはあってもそうそう親元に出かけて行くことはできません。

結論

このような場合、まず「ホームヘルプサービス」の利用を検討しましょう。入浴、排せつ、食事の介助などを行う「身体介護」と、掃除、洗濯、食事の準備などを行う「生活援助」に分かれています。介護保険制度で利用できますが、生活援助は子どもと同居している場合は対象外となるケースがあります。自治体の多くが、「同居家族がいれば、家事はその者ができる」と考えているためです。介護保険での提供が受けられない場合は、地域のボランティアサービス、民間サービスも検討しましょう。

解説

訪問介護(ホームヘルプサービス)の内容

身体介護中心

  • 食事・入浴・排せつの介助
  • 起床・就寝・着替えの介助
  • 対位の変換、シーツの交換
  • 移動、移乗、通院等の外出介助 など

生活援助中心

  • 住居の掃除、洗濯
  • 生活必需品の買い物
  • その他、必要な家事
  • 食事の準備、調理
  • 薬の受け取り など

「緊急時」「入浴」などニーズに合わせた訪問も

介護保険では、従来のホームヘルプサービスが、あらかじめ利用者宅を訪問する日時、サービス内容が決められた「定時サービス」なのに対し、「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」というサービスもあります。オペレーターが24時間対応し、緊急の際の通報を受け、必要に応じて介護・看護スタッフが訪問するのです。また、緊急時以外に24時間複数回の定期訪問を行い、隙間の介護や随時対応を行うものです。対象は要介護1からで、料金は要介護度別の定額制になります。

ただし、利用する場合は、事業所を限定されるなど必ずしも使い勝手がいいとはいえません。人口規模の小さな自治体では実施していない場合もあります。その他、自宅に浴槽を持ち込んでもらい入浴の援助を受ける「訪問入浴介護」や、看護師が訪問する「訪問看護」、リハビリの専門家に訪問してもらって自宅でリハビリを受ける「訪問リハビリテーション」などもあります。

定期巡回・随時対応型訪問介護

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は3つのサービスを組み合わせて提供されている。

定期巡回

必要に応じて訪問し、食事・排せつ等の身体介護や、洗濯物の片付け・身の回りの整理等の生活援助など、その時に必要なことだけサポート

随時対応

緊急時は電話連絡により24時間いつでも自宅にヘルパーが駆けつけ、必要なサービスを提供

訪問看護

看護師の定期的な訪問により、体調確認や医療処置を行い、主治医との連携により介護と医療の両面から支援を行う

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-退院
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高齢化に向けた「地域包括ケアシステム」とは【親の入院・介護】

退院

高齢化に向けた「地域包括ケアシステム」とは【親の入院・介護】

日本の全世帯に占める高齢者のみの世帯(単身・夫婦)の割合は、2010年は20%でしたが、2…

続きを読む

独居の親を毎日見守る方法【親の入院・介護】

退院

独居の親を毎日見守る方法【親の入院・介護】

親が一人暮らしの場合、毎日何らかのサービスを導入しておくと安心です。大きな異変がなく、普段…

続きを読む

介護予防のためのチェックリスト【親の入院・介護】

退院

介護予防のための基本チェックリスト【親の入院・介護】

基本チェックリストとは、65歳以上の高齢者が自分の生活や健康状態を振り返り、心身の機能で衰…

続きを読む

よい「ケアマネージャー」とは【親の入院・介護】

退院

よい「ケアマネージャー」とは【親の入院・介護】

一概に「ケアマネージャー」と言っても、様々。保険や医療、福祉の国家資格を持ち、その分野で実…

続きを読む

「要介護」の認定基準【親の入院・介護】

退院

「要介護」の認定基準【親の入院・介護】

「要介護」とは、日常生活において、自分一人で行うことが難しく、誰かの介護が必要な状態。例え…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。