親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

会話

独身でも安易に介護を抱え込むのは危険?【親の入院・介護】

投稿日:2020年12月29日 更新日:

近年、独身のまま親と同居している子は増える傾向にあります。そして、同居する親に介護が必要となると、その者が中心となって介護をするケースが多くあります。

結論

一対一の介護は虐待を生みやすい

独身の子が介護を行うことになった場合、親と自身が一対一で向き合うようになり、閉塞感が生まれがちです。介護保険をはじめとするさまざまなサービス、制度の情報に巡り合う機会も乏しくなり、結果として大きなストレスを背負うことにもつながります。

また虐待の当事者となる者として、「息子」がもっとも多くなっています。さらに、その半数以上が、要介護者と二人暮らしであることが分かります。

独身に限らず、「女性だから」「長男だから」という周囲からの圧力を察知することがあるかもしれませんが、1人だけで介護を担うことは大変危険だと認識しましょう。

解説

介護要員となりやすい「独身」

親だけの世帯で子が複数いる場合にも、独身の子が「主たる介護者」になりがちです。きょうだいはもちろん、親戚、さらには当事者である親もそれを期待します。確かに独身なら、別居している場合でも引っ越すのは1人なので身軽な面もあるでしょう。

しかし、「独身」には配偶者がいないので、一輪車走行です。当人はもちろん、周囲の者もその実情を理解して押し付けず、皆で負担を分け合う体制を築くことが大切です。

高齢者への主な虐待(家族、親子ゆえに自覚なく虐待をしているケースも)

  • 身体的虐待(殴る・蹴る)
  • 心理的虐待(暴言や無視)
  • 経済的虐待(本人のお金を使わせない、勝手に使う)
  • 介護放棄(必要な世話をしない)

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-会話
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

親の主治医やケアマネとのかかわり方【親の入院・介護】

会話

親の主治医やケアマネとのかかわり方【親の入院・介護】

親への関与を怠ると、看護や介護の質が低下することがあるようにも思います。医療、介護の現場と…

続きを読む

親の家に「引きこもり」のきょうだいがいる【親の入院・介護】

会話

親の家に「引きこもり」のきょうだいがいる【親の入院・介護】

「引きこもり」といえば、以前は若い世代の登校拒否などのイメージでした。しかし、その状態が長…

続きを読む

「自分の親の介護は自分で」が基本【親の入院・介護】

会話

「自分の親の介護は自分で」が基本【親の入院・介護】

ひと昔前、世間では介護は女性の役割と位置づけられていました。けれども女性の社会進出が進み、…

続きを読む

不仲の親の介護【親の入院・介護】

会話

不仲の親の介護【親の入院・介護】

世間には、「老いた親の介護を子がするのは当然」という考え方が存在します。 しかし、親子には…

続きを読む

介護保険の申請をしてくれない親【親の入院・介護】

会話

介護保険の申請をしてくれない親【親の入院・介護】

「介護保険なんて申請するな」と親に怒鳴られた! 「人の世話になりたくない。何も困っていない…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。