親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

親の実家にある古すぎる家電に注意【家電の経年劣化】

投稿日:2021年6月2日 更新日:

解説

30年以上経過した家電に注意

認知症の親に自立した生活を長く送って欲しいがゆえに、使い慣れた古い家電をあえて買い替えない場合もあると思います。壊れない限り長く使いたいという親の思いを尊重して、古い家電を使い続けている場合もあるでしょう。そこで注意しなければならないのは、家電の長期使用による経年劣化が原因の死亡、重傷、火災などの重大製品事故です。経済産業庁の調査によると、最も事故の多かった家電は扇風機で、次いで照明器具、石油ふろがまの順でした。実家にある30年以上経った家電は、必ず一度動作確認を行ってください。

前に使っていたメーカーの家電に買い替える

家電を買い替えるとき、子は親を思って便利な機能がたくさんついた最新式の家電を選びがちです。しかし、認知症の親が、新しい機能を使いこなせるかどうかは分かりません。新しい家電の操作が分からなくなると、使うことをあきらめてしまって、今までできていた生活習慣まで失う可能性もあります。また、誤った操作から誤作動を起こし、親から何度も電話がかかってくるかもしれません。認知症の症状が進行したとしても、シンプルで分かりやすく、扱いやすい家電であれば、長く使える可能性もあります。例えば、テレビのリモコンは、必要最小限のボタン数まで絞ったものが販売されています。長年使っていた家電と同じメーカーの家電にすると、ボタンの配置や操作方法がそんなに変わらず、親も戸惑わずに済むので、メーカーを変えないのも、家電の買い替えのコツです。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「退院後の介護」についてのまとめ【親の入院・介護】

HOME

第二章「退院後の介護」のまとめ【親の入院・介護】

「退院後の介護」についてまとめてみました。以下、リンク付きで記載していますので改めてご確認…

続きを読む

離れて暮らす親がひっかかる消費者被害【訪問販売・電話勧誘販売】

HOME

離れて暮らす親がひっかかる消費者被害【訪問販売・電話勧誘販売】

解説 「お金・健康・孤独」に関する犯罪に注意 高齢者は特に、「お金・健康・孤独」の3つの不…

続きを読む

親の人生最終段階の話し合い【人生会議】

HOME

親の人生最終段階の話し合い【人生会議】

解説 人生会議は親の意思表示ができるうちに 認知症の祖母の子宮頸がんが見つかり、医師から余…

続きを読む

介護保険サービスの費用を抑える工夫【高額介護サービス費】

HOME

介護保険サービスの費用を抑える工夫【高額介護サービス費】

結論 介護保険サービスの利用料には上限がある 高額介護サービス費とは、介護保険サービスを利…

続きを読む

亡くなった親の家をどう処分するか【空き家の管理】

HOME

亡くなった親の家をどう処分するか【空き家の管理】

解説 売却が決まっていない空き家は管理が必要 介護や葬儀が終わっても、親の残した空き家をど…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。