親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

ひとり歩き(徘徊)にGPS機器は有効か?【GPS機器の携帯】

投稿日:2021年5月27日 更新日:

解説

親はGPS機器を忘れずに携帯するか?

認知症の親が行方不明にならないよう、GPS機器(衛星で現在位置を特定するシステム)を持たせておけば、親の居場所を特定できます。しかし、親が電池切れの携帯電話やGPS機器を持ち出すこともありますし、そもそも携帯しない場合もあります。GPS機器を持っていれば安心ではなく、親にどうGPS機器を持たせるか、誰が忘れずに充電をするのかなどの課題をクリアしなければ、意味がありません。バッテリーは数日でなくなる機器が多いので、理論値ではなく、実際の持ち時間を確認しましょう。価格は5000円くらいの見守りGPS機器からありますが、高い機種もあります。月々の通信費が別途かかるタイプもあります。

GPS機器を使って捜索するときの注意点

GPSの精度は、その日の天候、屋内外か、ビルの谷間など条件によって変わるため、数百メートルの誤差が生じることもあります。またメーカーによって、表示される位置や誤差の範囲が違います。GPS機器を使った親の捜索は、大枠のエリアの特定には有効です。もし、親が行方不明になった場合、東京駅周辺にいることだけでも分かれば、捜索範囲を絞ることができます。GPS機器の更新頻度の設定は、1~2分間隔であれば、居場所の特定がしやすくなる代わりに、バッテリーを多く消費します。5分間隔にすると、バッテリーの持ちはよくなりますが、居場所の特定が難しくなります。メーカーの違うGPS機器を2台持たせれば、捜索範囲をより細かく特定できます。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

亡くなった親の家をどう処分するか【空き家の管理】

HOME

亡くなった親の家をどう処分するか【空き家の管理】

解説 売却が決まっていない空き家は管理が必要 介護や葬儀が終わっても、親の残した空き家をど…

続きを読む

亡くなったあとの手続きを効率よく進めるために【死亡後の手続き】

HOME

亡くなったあとの手続きを効率よく進めるために【死亡後の手続き】

解説 葬儀の手配と役所の手続きを同時に始める 東京在住のわたしは、祖母と父の死亡後の手続き…

続きを読む

ひとり歩き(徘徊)を防止するための鍵の工夫【補助錠の活用】

HOME

ひとり歩き(徘徊)を防止するための鍵の工夫【補助錠の活用】

解説 ひとり歩き対策をしても外出する親 認知症の親のひとり歩き(徘徊)は、さまよい歩くので…

続きを読む

自分の生活環境も大切にする【介護のルーティーン化】

HOME

自分の生活環境も大切にする【介護のルーティーン化】

結論 親のもとへ帰るリズムをつくる 親を長期で支えていくためには、介護に関わる子とその家族…

続きを読む

親の実家にある古すぎる家電に注意【家電の経年劣化】

HOME

親の実家にある古すぎる家電に注意【家電の経年劣化】

解説 30年以上経過した家電に注意 認知症の親に自立した生活を長く送って欲しいがゆえに、使…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。