親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

親の収入と支出、財産を把握する【介護費用のシミュレーション】

投稿日:2021年4月23日 更新日:

結論

親の収支を把握して、親のお金を介護費用に

離れて暮らす親の収入と支出を把握しておかないと、介護方針が決められないばかりか、子の家計にも影響します。厚生労働省の国民生活基礎調査によると、65歳以上の高齢者世帯の51・1%が、年金のみの収入で生活していることが分かりました(2018年)。現在支給されている国民年金、厚生年金の平均額は次表のとおりです。次いで多い所得は、働いて得た収入、さらに不動産による収入や株式の配当などもあります。年金を補填するために入った、個人年金保険による収入もあるかもしれません。年金のみで生活する高齢者の割合は多いものの、不動産や預貯金など、老後に備えた財産まで含めて確認したうえで、できるだけ親のお金を介護費用に充てることを考えましょう。

認知症介護を在宅で行ったときの1か月の費用

認知症介護を、在宅で行った場合の1か月の費用の目安は次表のとおりです。親の毎月の収支がマイナスの場合、親の預貯金の切り崩しや、子が介護費用を負担することにもなり、子の家計に大きな影響を与えます。特に施設の利用は、在宅介護以上にお金がかかるので、親の収支と財産状況を把握してからでないと、簡単には決められません。ある調査会社のデータによると、親の預貯金を把握している50代は約4割、60代で約5割でした。年齢が上がるにつれ、割合が多くなることからも、介護がきっかけで親の預貯金を把握する方が多いようです。親に聞きづらいことではありますが、細かい金額まで分からなくとも、子が介護費用を捻出する必要があるかだけでも確認してみてください。

認知症の状態別費用(在宅介護:1ヶ月)

軽度認知症 中度認知症 重度認知症
要介護1・2 39,171円 41,893円 28,445円
要介護3 68,386円 74,533円 53,911円
要介護4・5 34,572円 67,331円 70,409円

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「お金で損をしない」のまとめ【親の入院・介護】

HOME

第五章「お金で損をしない」のまとめ【親の入院・介護】

「お金で損をしない」についてまとめてみました。以下、リンク付きで記載していますので改めてご…

続きを読む

見守りカメラを設置して親に会えない不安を解消する【見守りカメラ】

HOME

見守りカメラを設置して親に会えない不安を解消する【見守りカメラ】

結論 見守りカメラの便利な機能 離れて暮らす親の介護で、最も活躍する家電製品は見守りカメラ…

続きを読む

正月やお盆を避けて介護する3つの理由【ハイシーズンの介護のデメリット】

HOME

正月やお盆を避けて介護する3つの理由【ハイシーズンの介護のデメリット】

結論 正月やお盆にできないこと 年末年始やお盆くらいしかまとまった休みが取れないので、そう…

続きを読む

認知症になったら障害者手帳を取得すべき?【精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳】

HOME

認知症になったら障害者手帳を取得すべき?【精神障害者保健福祉手帳・身体障害者手帳】

結論 介護保険サービスが優先される 認知症で身体に障害がない方は、精神障害者保健福祉手帳、…

続きを読む

怪しげな訪問販売や電話勧誘を撃退する方法【インターホン・固定電話の機能】

HOME

怪しげな訪問販売や電話勧誘を撃退する方法【インターホン・固定電話の機能】

解説 訪問販売は録画機能付きインターホンで対応 認知症の方の消費者被害で特に多いのが、第4…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。