親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

認知症の親を呼び寄せる?それとも故郷へUターン?【同居介護・遠距離介護】

投稿日:2021年4月19日 更新日:

結論

呼び寄せは認知症進行のリスクもある

親の認知症が悪化したり、子が介護で通うことに疲れてしまったり、親と離れて暮らすことが不安でたまらないなどの理由で、認知症の親を子が住む地域に呼び寄せることもあります。子の不安は解消されますし、交通費や移動時間も削減され、緊急時にすぐ対応できるメリットもありますが、親はどう感じるのでしょうか?親を呼び寄せることで、住環境が大きく変化し、心身ともにストレスを感じる状態を、リロケーションダメージといいます。特に認知症の場合、子の家に引っ越した途端、トイレの場所が変わって失敗が増えたり、仲のいいご近所や地域サークルとの付き合いがなくなって引きこもったりすることもあります。聞き慣れた方言が聞こえない、知らない道だらけで歩けないなど、新しい環境にとまどい、ストレスにさらされるようになります。介護施設に入居したり、災害等で避難所生活を余儀なくされたりした人も、呼び寄せと同じように住環境が大きく変わるため、リロケーションダメージが起こります。認知症の親にとって、新しいことを覚えたり、環境に慣れたりするのは、不安や恐怖との戦いなのです。

親と同居するデメリット

親を呼び寄せたり、介護のために自分が実家へ帰って同居を始めたりすると、ヘルパーからの生活援助を受けられなくなる場合もあります。また、特別養護老人ホームへの入居の優先順位が下がり、待ち時間が長くなります。不安解消を優先するか、介護保険サービスの利用や施設の入居を優先するか、担当ケアマネとよく話し合って決めてください。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

亡くなったあとの手続きを効率よく進めるために【死亡後の手続き】

HOME

亡くなったあとの手続きを効率よく進めるために【死亡後の手続き】

解説 葬儀の手配と役所の手続きを同時に始める 東京在住のわたしは、祖母と父の死亡後の手続き…

続きを読む

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

HOME

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

結論 親が通院しないのなら在宅医療も視野に 認知症の親が、病院の受診を拒んだり、持病がある…

続きを読む

介護が始まったら親の家にインターネット回線を引く【介護のインフラ作り】

HOME

介護が始まったら親の家にインターネット回線を引く【介護のインフラ作り】

解説 親の家にインターネット回線は必須 親の家に、インターネット回線を導入することで、見守…

続きを読む

認知症の代表的な症状と家族が困ること【認知症の症状】

HOME

認知症の代表的な症状と家族が困ること【認知症の症状】

認知症の症状は、「中核症状」と「行動・心理症状(BPSD)」の組み合わせで出現します。中核…

続きを読む

離れて暮らす親宛てに届く郵便物を管理するには?【口座振替・郵便物の転送】

HOME

離れて暮らす親宛てに届く郵便物を管理するには?【口座振替・郵便物の転送】

解説 公共料金の支払いは口座振替に 認知症の親の家に送られてくる大量の郵便物。不要なダイレ…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。