親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

離れて介護することのメリット・デメリット【別居介護】

投稿日:2021年4月8日 更新日:

結論

親の一人暮らしはプラスに働くこともある

親と離れて介護することは親にとってもメリットがあります。精神科医の高橋幸男氏は「一人暮らしの認知症の人は、家族と暮らしている人より、BPSD(行動・心理症状)が軽い印象がある。興奮や暴力は少ないし、介護拒否も多くない」と述べています。認知症の症状は、周辺環境に大きく影響されるため、口うるさい家族が近くにいると、親のBPSDも重くなります。つまり、離れて暮らすことには、症状緩和のメリットがあるのです。また、親自身も認知症の症状には不安があるので、介護保険サービスの利用を拒否せずに、すんなり受け入れてくれる場合が多いです。さらに、子と離れて暮らすということは、親が自分で家事をこなす必要があり、結果として筋力も保たれます。

介護への後悔をリセットできる

親と24時間一緒にいると、つい怒鳴ったり、失敗を責めたりしがちです。そんな自分の言動に後悔し、反省することもあるのですが、同居していなければ、必ず親の家を離れる日がやってきます。そこで一旦、親と距離を置くことでリセットされますし、次に親に会ったときは、優しく接しようという気持ちにもなります。同居していると、気持ちのリセットが難しく、離れているからこそのメリットと言えます。認知症の親と離れて暮らす不安は、あります。しかし、介護保険サービスを利用しながら、親が自立した生活を送ってくれるのなら、BPSDが軽くなり、認知症の進行もゆっくりになって、元気でいられる期間は長くなります。離れて暮らすことは、デメリットばかりではなく、メリットもあるのです。

別居介護のメリット・デメリット

メリット

  • 親の認知症の症状は安定する
  • 親の介護拒否が少ない
  • 人に頼らないと介護が成り立たないので、周囲や社会から孤立しにくい
  • 自分と親の生活空間を分けることができる
  • 親は自立した生活を続けられる

※人の力を頼ることができ、親の生活も、自分の生活もそれぞれ守りたいという方は、別居介護向きです。

デメリット

  • 親の介護のため、交通費がかかる
  • 親が病気で倒れたとき、すぐに駆け付けられない
  • 親と離れて暮らしているため、常に不安な気持ちになる
  • 親を置いてきてしまう罪悪感がある
  • 通いの介護のため、介護できない日も多くなり、自分の家族にも負担をかける

※どうしても他人に介護は任せられないという人は、同居で介護をした方がいいでしょう。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

最期はどこで看取るのか【看取りの場所】

HOME

最期はどこで看取るのか【看取りの場所】

解説 認知症と認知症以外で違う看取りの希望場所 厚生労働省の調査によると、約6割の国民が「…

続きを読む

離れて暮らす親の食事のサポート【宅配弁当・栄養補助食品】

HOME

離れて暮らす親の食事のサポート【宅配弁当・栄養補助食品】

解説 認知症の症状が食事に影響しているかを確認する 「食べることは、生きること」と言われる…

続きを読む

7年の間に起きた認知症介護のトラブル

HOME

7年の間に起きた認知症介護のトラブル

離れた親の認知症介護を7年も続けていると、驚くようなトラブルが次々と起こります。例えば、わ…

続きを読む

介護で会社を休むための休暇とその使い方【介護休業制度】

HOME

介護で会社を休むための休暇とその使い方【介護休業制度】

親の介護が理由で会社を休む場合、育児・介護休業法で定められている介護休業・介護休暇を取得で…

続きを読む

離れて暮らすからこそ気をつけるべき親のひとり歩き(徘徊)【介護の始まり、まず知っておきたいこと】

HOME

離れて暮らすからこそ気をつけるべき親のひとり歩き(徘徊)【介護の始まり、まず知っておきたいこと】

結論 離れて暮らす認知症の親の代表的な心配事として、ひとり歩き(徘徊)があります。「徘徊」…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。