親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

いいケアマネジャーはどうやって探す?【ケアマネジャー】

投稿日:2021年3月25日 更新日:

結論

ケアマネジャーの探し方

要介護認定の結果が要介護の場合、ケアマネと契約を結びます。まずは包括に相談するといいのですが、自分でいいケアマネを見つけたい場合はどうしたらいいのでしょう。まず、親が住む市区町村の介護保険課か包括へ行き、居宅介護支援事業所のリスト、または「ハートページ」を冊子やネットで確認して、連絡します。最初はケアマネの役割を理解していないので、親の家の近所にある事業所のケアマネを選びがちです。できれば、ケアマネをよく知るかかりつけ医や、認知症カフェ等で出会った他の介護者から、いいケアマネを教えてもらいましょう。

家族と相性がよく行動力のあるケアマネを選ぶ

ケアマネは、介護福祉士、看護師、社会福祉士など経歴もさまざまで、それぞれに得意分野があります。ケアマネを得意分野で選ぶ方法もありますが、親の健康状態は常に変化します。健康状態に合わせて柔軟に対応でき、課題解決能力の高いケアマネのほうがいいです。また、ネットワークの広さ、コミュニケーション能力の高さ、行動力の早さを重視しましょう。認知症への理解度にも、大きな差があります。いきなり施設入所や入院をすすめるケアマネも中にはいるため、認知症介護はケアマネ次第で大きく変わると言えます。親や家族と相性が合わない場合、ケアマネの変更は可能です。ケアマネを変えづらいという家族は多いのですが、相性が合わないまま介護を続けるほうがもっと大変です。どうしても言いづらい場合は、包括や役所、ケアマネが所属する居宅介護支援事業所に相談してみましょう。

ケアマネの主な仕事

  • 利用者、利用者家族の相談に乗る
  • 各サービス事務所との連絡、調整業務
  • 要介護認定の申請代行
  • ケアプランの作成、サービス担当者会議の実施、モニタリング、給付管理
  • 施設ケアマネは、その施設で可能なケアプランを作る

ケアマネ探しから介護保険サービス利用までの流れ

  1. 要介護認定
  2. 居宅介護支援事業所リストorハートページを入手
  3. 電話
  4. 自宅訪問
  5. ケアプラン作成
  6. サービス開始
  7. モニタリング(月1回)
いいケアマネの6つの条件とは、「親との相性」「家族との相性」「フットワークの軽さ」「情報力」「課題解決能力」「コミュニケーション能力」です。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自分の生活環境も大切にする【介護のルーティーン化】

HOME

自分の生活環境も大切にする【介護のルーティーン化】

結論 親のもとへ帰るリズムをつくる 親を長期で支えていくためには、介護に関わる子とその家族…

続きを読む

亡くなったあとの手続きを効率よく進めるために【死亡後の手続き】

HOME

亡くなったあとの手続きを効率よく進めるために【死亡後の手続き】

解説 葬儀の手配と役所の手続きを同時に始める 東京在住のわたしは、祖母と父の死亡後の手続き…

続きを読む

親の収入と支出、財産を把握する【介護費用のシミュレーション】

HOME

親の収入と支出、財産を把握する【介護費用のシミュレーション】

結論 親の収支を把握して、親のお金を介護費用に 離れて暮らす親の収入と支出を把握しておかな…

続きを読む

いざというときに頼れる人をリストアップしよう【連絡網の作成】

HOME

いざというときに頼れる人をリストアップしよう【連絡網の作成】

子である自分が頼れる人をリストアップ 65歳以上の親と子の居住地がどれくらい離れているかを…

続きを読む

もしものときの緊急サービスのいろいろ【高齢者緊急通報システム】

HOME

もしものときの緊急サービスのいろいろ【高齢者緊急通報システム】

結論 高齢者緊急通報システムを知っておこう 離れて暮らす親が、病気や事故など緊急事態に陥っ…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。