親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

いざというときに頼れる人をリストアップしよう【連絡網の作成】

投稿日:2021年3月9日 更新日:

子である自分が頼れる人をリストアップ

65歳以上の親と子の居住地がどれくらい離れているかを調査した、第8回人口移動調査(2016年度)によると、親子が別に暮らしている割合は55・1%でした。このことからも、離れて暮らす親を介護する割合は多く、いずれ子が親の介護のために通ったり、ふるさとに帰ったり、親を子の近くに呼び寄せたりという選択を迫られる可能性があります。そうなる前に、いざというときに頼れる人をリストアップしておきましょう。

結論

確実な対応・認知症への理解があるかで選ぶ

リストアップのポイントは、確実性と認知症への理解度です。確実性は、親の様子を見て欲しいと依頼したとき、確実に対応してくれるかどうか、認知症への理解度は、認知症への正しい知識を持ち、症状への対処法を理解しているかを指します。まずは介護保険サービスを利用して、決まった日時に訪問看護師、ヘルパーといったプロの目で見守る体制から構築しましょう。それ以外で緊急対応が必要な場合は、家族の要望に確実に応えてくれて、認知症への理解度の高い人から、優先的に依頼しましょう。親の近くにいるご近所さんは頼りになると思いがちですが、認知症への理解がない場合もあります。最後に、自分自身をリストに加えてください。認知症介護において、家族にしか分からない、判断できない場面は必ずあります。いつでも自分が駆けつけられるよう、自分の働き方を見直し、自分の時間に柔軟性を持たせるようにしておくことも大切です。また、家族などの理解も得ておきましょう。

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

HOME

病院へ連れて行けないなら、自宅に来てもらう【在宅医療】

結論 親が通院しないのなら在宅医療も視野に 認知症の親が、病院の受診を拒んだり、持病がある…

続きを読む

人生の最期を迎えるまでのステップを知っておく【死までのプロセス】

HOME

人生の最期を迎えるまでのステップを知っておく【死までのプロセス】

解説 亡くなる1週間前からサインが現れる 看取り期を迎えた親は、個人差はありますが、亡くな…

続きを読む

ネガティブな認知症の情報につぶされないために【当事者の心情】

HOME

ネガティブな認知症の情報につぶされないために【当事者の心情】

皆さんは認知症に対して、どのようなイメージをお持ちですか?認知症になった親は何もできなくな…

続きを読む

ホームヘルパーができること・できないこと【ホームヘルパー】

HOME

ホームヘルパーができること・できないこと【ホームヘルパー】

結論 ホームヘルパーの仕事を理解しておく 介護の窓口はケアマネですが、実際に親の家で介助に…

続きを読む

親がお金の管理ができなくなったら【日常生活自立支援事業】

HOME

親がお金の管理ができなくなったら【日常生活自立支援事業】

結論 金銭管理は日常生活自立支援事業を利用 親による日常で使うお金の預金からの出し入れや、…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。