親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

親自身が介護している場合、子は何をすべきか?【老老介護・認認介護】

投稿日:2021年3月8日 更新日:

厚生労働省の「国民生活基礎調査」(平成28年度)によると、65歳以上の高齢者同士で介護を行う老老介護の世帯の割合は、54・7%です。老老介護の問題点として、介護者の筋力低下が原因で、思うように身体介助ができない、介護者自身にも健康上の問題があり、共倒れのリスクがある、無職で収入がない、社会から孤立していることなどがあります。また、老老介護の中に、認知症の高齢者が認知症の高齢者を介護する認認介護もあります。山口県のデータでは、老老介護のうち、認認介護の割合は10・4%でした。認認介護の問題点として、薬の飲み忘れ、食事の準備や金銭管理の困難、火事のリスクなどがあります。

結論

「老老介護」「認認介護」の問題点

離れて暮らす高齢の親を、同じく高齢のもう片方の親や親のきょうだいが介護していたり、高齢の親がさらに上の世代の、自分の親を介護していたりするケースもあります。

親から連絡がないと、元気にやっていると思いがちですが、子どもに迷惑をかけたくないから、連絡しないだけかもしれません。老老介護や認認介護が深刻になる前に、親の様子をチェックしておきましょう。両親の共倒れから、子が急に介護することになり、介護離職する人もいます。

解説

子は頭を使って親を支える

親の介護の状況を知って、子は自分で介護をしようと考えがちですが、親が利用していないサービスや制度の調査から、まずは始めてみましょう。親より子のほうが、情報収集能力に長けています。親の介護を、知恵や工夫で支えてあげるのも立派な介護です。

老老介護・認認介護の問題点

老老介護

  • 介護する側、される側ともに体力が低下する
  • 介護疲れしやすく、介護の限界を迎えやすい
  • 第三者を家に入れたくないという思いから、孤独な介護へ
  • 収入源が年金のみで、経済的に困窮する
  • 社会から孤立し、地域との交流がなくなる

認認介護

  • 訪問販売・特殊詐欺被害にあいやすい
  • 服薬管理が難しくなる
  • 金銭管理ができなくなる
  • 介護サービスにたどりつけない
  • 感情が抑えられず、虐待や心中のリスクも
  • 火の不始末が起こりやすい
  • 食事の準備を忘れ、低栄養状態になる

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ネガティブな認知症の情報につぶされないために【当事者の心情】

HOME

ネガティブな認知症の情報につぶされないために【当事者の心情】

皆さんは認知症に対して、どのようなイメージをお持ちですか?認知症になった親は何もできなくな…

続きを読む

介護にかかる交通費を節約するために【割引運賃】

HOME

介護にかかる交通費を節約するために【割引運賃】

解説 JR・新幹線の割引 親子の住む場所が離れているほど、交通費がかかります。介護割引など…

続きを読む

亡くなった親の家をどう処分するか【空き家の管理】

HOME

亡くなった親の家をどう処分するか【空き家の管理】

解説 売却が決まっていない空き家は管理が必要 介護や葬儀が終わっても、親の残した空き家をど…

続きを読む

認知症の親を呼び寄せる?それとも故郷へUターン?【同居介護・遠距離介護】

HOME

認知症の親を呼び寄せる?それとも故郷へUターン?【同居介護・遠距離介護】

結論 呼び寄せは認知症進行のリスクもある 親の認知症が悪化したり、子が介護で通うことに疲れ…

続きを読む

世代によって認知症のとらえ方は違う

HOME

世代によって認知症のとらえ方は違う

結論 認知症のこれまでの歴史を理解する かつて認知症が痴呆症と呼ばれていた時代、病院や施設…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。