親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

HOME 認知症

認知症の代表的な症状と家族が困ること【認知症の症状】

投稿日:2021年3月3日 更新日:

認知症の症状は、「中核症状」と「行動・心理症状(BPSD)」の組み合わせで出現します。中核症状とは脳の神経細胞の破壊から起こる症状で、最近の記憶から忘れていく記憶障害や、今がいつか(時間)、ここはどこか(場所)、この人は誰か(人物)が分からなくなる見当識障害などがあります。

結論

中核症状と行動・心理症状(BPSD)

中核症状の二次的な症状として、行動・心理症状があります。行動症状には、些細なことですぐ怒り出す易怒性や、介護者を悩ませる暴言・暴力があり、心理症状には、自分で片づけた場所を忘れ、家族が盗んだと勘違いする物取られ妄想や、いないはずの子どもや虫が見える幻覚などがあります。

家族は、中核症状よりも、BPSDによって介護負担が大きくなります。そのため、医師も中核症状ではなく、BPSDをどうコントロールするかに注力した治療を行います。BPSDは、親の元々の性格や人間関係、生活環境なども関係するため、症状は人それぞれです。

解説

親のBPSDを改善する

前述で紹介したように、4大認知症ごとに現れる症状に特徴があります。

親が元々どういう性格で、どういう人生を歩んできたのかを、一番理解しているのは家族です。そのため、医師や介護職には分からない、BPSDの原因や背景を推測できることもあります。

認知症自体は根治できなくとも、BPSDは家族が親との接し方を工夫したり、親が生活しやすい環境に整えたりすることで、症状が改善される場合もあります。

認知症の代表的な症状と家族が困ること

【暴言・暴力】

急に怒りっぽくなり、家族との関係が悪化する

【ひとり歩き(徘徊)】

外出目的を忘れ、自分の居場所が分からなくなるため、結果的に行方不明になる

【妄想】

実際にないものが見えたり、聞こえたりするため、家族は否定するが、親にはしっかり見えている

【無気力】

やる気が起きず、食欲もないが、家族は元気な頃を知っているので落ち込む

参照:「親が認知症!?離れて暮らす親の介護・見守り・お金のこと」

にほんブログ村 介護ブログへ

-HOME, 認知症
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

いざというときに頼れる人をリストアップしよう【連絡網の作成】

HOME

いざというときに頼れる人をリストアップしよう【連絡網の作成】

子である自分が頼れる人をリストアップ 65歳以上の親と子の居住地がどれくらい離れているかを…

続きを読む

介護にかかる交通費を節約するために【割引運賃】

HOME

介護にかかる交通費を節約するために【割引運賃】

解説 JR・新幹線の割引 親子の住む場所が離れているほど、交通費がかかります。介護割引など…

続きを読む

どの施設を選べばいいのか?【施設サービス】

HOME

どの施設を選べばいいのか?【施設サービス】

結論 認知症の親を受け入れる施設はどこか 親を受け入れる介護施設を決めるうえで、まずおさえ…

続きを読む

認知症の介護仲間や地域の情報を見つけられる場所【認知症カフェ】

HOME

認知症の介護仲間や地域の情報を見つけられる場所【認知症カフェ】

結論 認知症カフェってどんなところ? 各地域には認知症カフェと呼ばれる、認知症の人とその家…

続きを読む

季節別離れて暮らす親の介護の注意点【春夏秋冬の介護】

HOME

季節別離れて暮らす親の介護の注意点【春夏秋冬の介護】

結論 季節の変わり目を狙って家へ帰る なかなか親のもとへ帰れない方は、季節の変わり目を狙っ…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。