親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

お金

「親の自宅」を「担保」に介護費用をまかなう?【親の入院・介護】

投稿日:2021年1月13日 更新日:

「自宅」を活用してお金を生み出す制度があります。「家はあるが、月々の年金だけでは介護費用をまかなえない」という場合に役立つ可能性があります。

結論

「リバースモーゲージ」とは

老後資金などのために自宅(マイホーム)を担保にして銀行や公的機関からお金を借り入れ、死亡した時点で自宅を売却して一括返済する仕組みで、「リバースモーゲージ」と呼ばれています。親自身が住み慣れた家で暮らしながら、生活資金を借り入れることができます。ただし、長生きした場合に、融資額が融資限度額に達してしまうなどのリスクも考えられます。

もともと1981年ごろ、東京都武蔵野市で開始された事業ですが、貸付金を全額回収できない事例なども発生。低所得者向けには国も同様の制度を実施しているなどの理由で、2015年に終了しています。一方、最近では都市銀行、地方銀行などでリバースモーゲージを実施しているところが増えています。金融機関ごとに内容は異なるので、検討する場合は、詳細をしっかり確認することが必要です。

解説

「不動産担保型生活資金」の窓口は社会福祉協議会

国が実施している同様の制度は「不動産担保型生活資金」といいます。所得の少ない高齢者向けで、地域の社会福祉協議会が窓口となっています。

銀行のリバースモーゲージ同様、想定した以上に長生きした場合に、お金を借りることができなくなり、しかも利息は払わなければいけないなどリスクはあります。また、子どもが同居している場合は、制度の対象外で、マンションも含まれません。

不動産担保型生活資金

現在住んでいる居住用不動産(土地・建物)を所有し、将来にわたって住み続けることを希望する高齢者世帯に対して、その不動産を担保として生活費の貸付を行う制度。

対象者

65歳以上の高齢者世帯(低所得者)

対象不動産

土地評価格が1,000〜1,500万円以上(地域により異なる)の一戸建て

貸付月額

30万円以内

貸付限度額

土地評価格のおおむね70%

貸付期間

貸付元利金が貸付限度額に達するまでの期間

返済

貸付契約終了時(借受人の死亡など)に不動産を売却して貸付元金利を一括償還(返済)

窓口

親の暮らす地域の社会福祉協議会

※死亡する前に、限度額に達した場合、貸付は停止。住み続けることは可能だが、限度額到達以降も貸付利子は発生することに注意。

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-お金
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

介護の費用は、いくらかかる?【親の入院・介護】

お金

介護の費用は、いくらかかる?【親の入院・介護】

介護費用はいくらかかるのか──多くの子が知りたいことでしょう。すでに説明しているように、介…

続きを読む

「遺族年金」父親が死亡。母親の生活費・介護費は大丈夫?【親の入院・介護】

お金

「遺族年金」父親が死亡。母親の生活費・介護費は大丈夫?【親の入院・介護】

今は両親が存命でも、いずれどちらかが亡くなることが想定されます。今の親世代は母親のほうが年…

続きを読む

高額な介護費の自己負担も減らせる?【親の入院・介護】

お金

高額な介護費の自己負担も減らせる?【親の入院・介護】

居宅サービスや施設サービスを利用して、1か月間に支払った利用者負担額が上限額を超えるときは…

続きを読む

「親の自宅」を「担保」に介護費用をまかなう?【親の入院・介護】

お金

「親の自宅」を「賃貸」して生活資金を得る?【親の入院・介護】

「リバースモーゲージ」は、自宅に住みながら生活資金を得ることができますが、死亡した時点で自…

続きを読む

「お金で損をしない」のまとめ【親の入院・介護】

HOME

第五章「お金で損をしない」のまとめ【親の入院・介護】

「お金で損をしない」についてまとめてみました。以下、リンク付きで記載していますので改めてご…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。