親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

お金

きょうだいと介護のお金でもめて険悪に【親の入院・介護】

投稿日:2021年1月8日 更新日:

親の判断力が低下すると、子の誰かが親の金銭管理をするケースが多いです。このとき、家族間の信頼関係が築けていないと、管理している子に対して、他のきょうだいが「好き勝手に使っているのではないか?」と疑念を抱くケースが往々にしてあります。

結論

「介護家計簿」を作る

きょうだい間では役割分担が必要です。その際、「お金の管理」は誰がどのようにするのかを、しっかり決めておくことが重要だといえます。その上で、使ったり立て替えたりした費用は、仕事の経費のように日付と明細を記して、レシートや領収書を残しましょう。私はこれを「介護家計簿」と呼んでいます。

親の家に備えておくなど、きょうだいがいつでも介護家計簿を見られるように、オープンにしておくのです。こうした作業を怠ると、「親のお金を搾取した」と修羅場になることがあります。早い段階での話し合いが欠かせません。

なかには、スマートフォンの家計簿アプリで記録し、きょうだいと共有している人もいます。領収書もスマホで撮影して保管するそうです。

解説

「死亡後」よりも「今の生活」に目を向けて

親のお金というものは、通常、亡くなれば子が相続することになります。そのため、「親自身が使い切ればいい」と考える子がいる一方で、「できるだけ残してほしい」と考える子もいます。

きょうだい間では、親の死亡後のことではなく、親の今の生活に目を向けながら、どういう介護をするかを話し合うことが大切です。その資金として、親の年金や預貯金の使い方を検討します。

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-お金
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

医療費が高額になったときの「軽減策」は?【親の入院・介護】

お金

医療費が高額になったときの「軽減策」は?【親の入院・介護】

入院すると、その後の通院治療も含め医療費がかさみます。高齢の親の場合、複数の医療機関を受診…

続きを読む

「お金で損をしない」のまとめ【親の入院・介護】

HOME

第五章「お金で損をしない」のまとめ【親の入院・介護】

「お金で損をしない」についてまとめてみました。以下、リンク付きで記載していますので改めてご…

続きを読む

認知症などで金銭管理ができなくなったら?【親の入院・介護】

お金

認知症などで金銭管理ができなくなったら?【親の入院・介護】

親が入院したとき、症状が重いと意思疎通が取れないケースもあります。そんなとき、当面の入院費…

続きを読む

成年後見よりも手軽に家族が財産管理できる方法は?【親の入院・介護】

お金

成年後見よりも手軽に家族が財産管理できる方法は?【親の入院・介護】

前項では、判断力が低下した親の財産管理を「成年後見制度」を使って行う方法を紹介しました。し…

続きを読む

介護の費用は、いくらかかる?【親の入院・介護】

お金

介護の費用は、いくらかかる?【親の入院・介護】

介護費用はいくらかかるのか──多くの子が知りたいことでしょう。すでに説明しているように、介…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。