親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

お金

介護の費用は、いくらかかる?【親の入院・介護】

投稿日:2021年1月4日 更新日:

介護費用はいくらかかるのか──多くの子が知りたいことでしょう。すでに説明しているように、介護保険制度を使えば、1割または2割、3割負担でサービスを利用できます。

結論

「いくらかかるか」ではなく「いくらかけるか」

しかし、それは利用限度額までの話。例えば、親が中程度の介護が必要(要介護3)になるとします。利用限度額は26万9310円。1割負担なら2万6931円です。

では、「限度額いっぱい」で、どの程度のサービスを受けられるのでしょう。これで十分と考えるか、不十分と考えるかは、本人や家族のライフスタイルや価値観によって変わってきます。

もし、夜と週末をすべて家族だけで介護するのが厳しいと考えてサービスを追加すると、増やした部分は10割負担となります。結局、介護の費用は、「いくらかかるか」ではなく「いくらかけるか」。予算を決めて、それ以内に抑えるという考え方です。

介護保険のサービス費用のほか、医療費やおむつ代もかかるでしょう。まず、資金計画を立て、どのような介護をするかを考えることが重要です。

解説

平均額は「在宅」か「施設」かで異なる

個別に違うと分かっても、介護費用の平均額が気になる人もいるでしょう。在宅で月5万円、施設で月11万7000円という調査結果もあります。ただし、在宅でもっとも多いのは月1万〜2万5000円と、それほど高額ではありません。

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-お金
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

認知症などで金銭管理ができなくなったら?【親の入院・介護】

お金

認知症などで金銭管理ができなくなったら?【親の入院・介護】

親が入院したとき、症状が重いと意思疎通が取れないケースもあります。そんなとき、当面の入院費…

続きを読む

介護認定で「障害者控除」できる自治体も【親の入院・介護】

お金

介護認定で「障害者控除」できる自治体も【親の入院・介護】

「身体障害者手帳」の交付を受けていない親も、自治体ごとに決められた所定の要件に該当すれば、…

続きを読む

介護サービスの一部も医療費控除できる?【親の入院・介護】

お金

介護サービスの一部も医療費控除できる?【親の入院・介護】

「医療費控除」は、その年に支払った医療費が多額になった場合に税負担を軽減できる制度です。医…

続きを読む

「遺族年金」父親が死亡。母親の生活費・介護費は大丈夫?【親の入院・介護】

お金

「遺族年金」父親が死亡。母親の生活費・介護費は大丈夫?【親の入院・介護】

今は両親が存命でも、いずれどちらかが亡くなることが想定されます。今の親世代は母親のほうが年…

続きを読む

医療費が高額になったときの「軽減策」は?【親の入院・介護】

お金

医療費が高額になったときの「軽減策」は?【親の入院・介護】

入院すると、その後の通院治療も含め医療費がかさみます。高齢の親の場合、複数の医療機関を受診…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。