親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

退院

食事の宅配サービスって【親の入院・介護】

投稿日:2020年12月1日 更新日:

心身の具合が悪くなると、食事の用意が難しくなることがあります。特に、親だけで暮らしているケースでは心配です。そこで役立つのが「食事の宅配サービス」です。介護保険のサービスにはありませんが、多くの自治体が「地域支援事業」として行っています。また地域のボランティア団体などが実施している場合があり、民間企業の参入も増加しています。

自治体が行っている場合は、助成があるので比較的安価です。ただ、対象者となる条件は自治体ごとに違い、必ずしも利用できるとは限りません。毎日は提供していないところもあります。自治体やボランティアサービスに適当なものがなければ、民間サービスをあたるといいでしょう。試食できれば、親の嗜好に合ったところを選ぶことも可能です。気をつけたいのは、食事をするのはあくまで「親」だということ。しばらく利用すると、「味に飽きた」と親が言い出すことはよくあります。情報をたくさん集めていれば、「それでも、食べろ」と言わずに、他のサービスを提案することもできるでしょう。

結論

利用対象者

  • 介護保険の要支援・要介護認定者、または虚弱で調理が困難
  • 一人暮らし、または高齢者のみの世帯 など

費用負担

  • 1食あたり数百円

その他の特徴

  • 配達の際は安否確認をし、利用者の様子を確認したり声かけを行う
  • 自治体によっては利用回数に制限がある場合もある

解説

手渡しなら安否確認も兼ねる

配達は「手渡し」を原則としている事業者が多く、安否確認にも役立っています。なかには、利用者に異変があった場合に家族などに通報してくれるところもあります。実際、食事の宅配業者が家のなかで倒れている高齢者を早期発見した事例や、不幸にして亡くなっている高齢者を発見した事例をしばしば耳にします。

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-退院
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

退院後の介護の流れについて【親の入院・介護】

退院

介護についての相談窓口【親の入院・介護】

現在、知見のある方だと問題ありませんが、ほとんどの方は「初めての介護」になると思います。不…

続きを読む

高齢化に向けた「地域包括ケアシステム」とは【親の入院・介護】

退院

高齢化に向けた「地域包括ケアシステム」とは【親の入院・介護】

日本の全世帯に占める高齢者のみの世帯(単身・夫婦)の割合は、2010年は20%でしたが、2…

続きを読む

緊急通報サービスやおむつ給付【親の入院・介護】

退院

緊急通報サービスやおむつ給付【親の入院・介護】

ほとんどの自治体が地域支援事業の1つとして、「緊急通報システム」というサービスを提供してい…

続きを読む

ホームヘルパーに頼めること・頼めないこと【親の入院・介護】

退院

ホームヘルパーに頼めること・頼めないこと【親の入院・介護】

ホームヘルパーは「お手伝いさん」ではないので、何でもかんでもしてもらえるわけではありません…

続きを読む

訪問診療・訪問介護について【親の入院・介護】

退院

家事と介護を助けて欲しい【親の入院・介護】

心身機能が低下した親が在宅で生活するとなったとき、当面の「家事」や「介護」をどうするかは、…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。