親の入院・介護、何をすればいい?

すぐにすべきこと、お金のこと、考えること【親の入院・介護】

入院

もう少し入院したい場合は【親の入院・介護】

投稿日:2020年11月8日 更新日:

早期の退院を勧められたものの、在宅介護の準備や、そもそも経過観察が必要なのではとか、「どうしよう、、、」なときの相談役としてソーシャルワーカーの存在を前項でお伝えしましたが、具体的には上記の場合どういう選択があるのでしょうか。

結論

選択肢としては「地域包括ケア病棟」です。すでにお伝えした「回復期リハビリテーション病棟」は脳血管疾患など入院可能な条件が細かく決められているのに対し、「地域包括ケア病棟」の条件はゆるやかになっています。

  1. 状態は改善したが、もう少し経過観察が必要
  2. 病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要
  3. 在宅での生活にあたり準備が必要

解説

「地域包括ケア病棟」

医師の判断で提案されるのが一般的です。同じ建物内に「一般病棟」と「地域包括ケア病棟」が備わっている病院でも、治療内容や料金体系は異なり、病室も変わるのが普通です。また、スムーズに在宅復帰できるように「在宅復帰支援計画」に基づいてリバビリが行われ、最長60日以内での退院が原則です。

「介護医療院」

高齢者の病気は長引き、寝たきりとなることも少なくありません。症状は安定しているものの、長期の療養が必要とされる場合に適用となるのが「療養病床」です。

「療養病床」には、医療保険が適用される「医療型」と、介護保険が適用される「介護型」があります。しかし、国は医療費の高騰に伴い、現行の「介護型の療養病床」は、2024年3月末までに廃止する予定で、2018年に新設された「介護医療院」への転換となります。

長期的な医療と介護のニーズを併せ持つ高齢者(要介護1以上)が対象となっている「介護医療院」では、『「日常的な医学管理」や「看取り、ターミナルケア」などの医療機能』と『「生活をするための施設」としての機能』をサポートしています。

参照:「親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版」

にほんブログ村 介護ブログへ

-入院
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

病院って長居できないホント?ウソ?【親の入院・介護】

入院

病院って長居できないホント?ウソ?【親の入院・介護】

前回紹介したように、「回復期リハビリ病院」の入院期間は疾患や傷病名によって日数が決められて…

続きを読む

大部屋が満室の場合でも「差額ベッド代」は掛かるのか【親の入院・介護】

入院

大部屋が満室の場合でも「差額ベッド代」は掛かるのか【親の入院・介護】

差額ベッド代(特別療養環境室料)は、本人が個室をなどを希望した場合などに、通常の料金に加え…

続きを読む

入院

入院手続き、何が必要?【親の入院・介護】

病院に運ばれたら、あとはもうお医者さん頼みになるのですが、心配ばかりもしていられず、入院手…

続きを読む

入院

入院してからのスケジュールってどうなっているの?【親の入院・介護】

「スケジュールってどうなっている?」 お医者さんって何がどうでどう動いているのか、一般人か…

続きを読む

入院中は「介護保険」使えない!?【親の入院・介護】

入院

入院中は「介護保険」使えない!?【親の入院・介護】

何かとかさむ費用、足らないサポート、とにかく公的保障で使えるものはなんでも使い、少しでも患…

続きを読む

40代に入り、いよいよ親の心配もで始めた感じではあるのですが、いざと言う時に何をどうすればいいのって、全くわからないことだらけ。わたしの年代だと同じ環境の方もたくさんおられると思います。

福祉の基本は「情報収集」と「自己申告」なので、自分から動かないと事態は何も進みません。親の入院・介護に直面した時に必要な知識を私も含め、いざという時、慌てないように知識を身につけていきましょう。